不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、その名の通り、持ち家などの不動産を担保にお金を借りローンを組むものですが、不動産があれば必ず利用できるというものではなく、その不動産の担保に出来るだけの価値があるかどうか、が決め手になってきます。

その利点としては、無担保のローンと比べると低金利で返済額が少なく済みますし、担保があることにより貸す側の貸し倒れのリスクが少なくなりますので、担保の価値によっては大きい金額を借りることが出来ます。

(不動産担保ローンをはじめてみるなら:http://www.newotherthing.com/)

当然のことながら、返済できない場合は担保にしているその不動産は、金融機関が売却し、売却金額から返済額を補うという形になりますので、もし不動産の価値が下がっていて返済額に満たない場合は、その不足分も返済の義務があります。

まとまった金額を借りれることや、金利が低いことによりお金を借りやすいという印象を受ける不動産担保ローンですが、それには大きなリスクがついてくることを忘れてはいけません。

Copyright (C) www.heyelsten.com. All Rights Reserved.

不動産担保ローンの仕組みとは?